Ready-mixed & Returned Concrete Solution Association

再利用含めた残コン・戻りコン技術は進化してきている 


RRCSは国内外を問わず新技術の情報を収集し、随時紹介していきます。

 

脱水ケーキを受入れる産廃余力が年々なくなってきている


産業廃棄物の業種別排出量(1,000トン)

  H27 H28 H29 H30
  2015年 2016年 2017年 2018年
電気・ガス・熱供給・水道業 100,543 100,444 102,003 101,229
建設業 81,845 80,755 78,706 79,713
農業・林業 80,949  80,901   78,316 78,084
パルプ・紙・紙加工品 31,761 31,320 33,627 32,928
鉄鋼業 29,757 27,235 27,169 23,445
化学工業 9,974 9,619 10,039 8,800
鉱業 9,766 8,470 8,938 9,141
窯業・土石製品製造 9,348 9,525 9,508 8,659
食料品製造 9,069 9,556 8,983 8,832
その他 228,173 29,210 26,255 24,941
合計 391,185 387,035 383,544 375,772

データ:環境省ホームページより

最終処分場の残余容量と残余年数

   残存容量     最終処分料          残余年数
量(千トン)
残余年数(年)
 
残コン処分場のグラフ
データ:公益財団法人日本産業廃棄物処理先行センターホームページより

既存の最終処分場の改良や新設、さらにはリサイクルの推進や減量化により残余年数は維持しているが、残余容量は年々減ってきている。生コンプラントが残コン・生コン・清掃スラッジを適切に処理した後に発生する、いわゆる脱水ケーキの再利用は喫緊に解決すべき課題である。