Ready-mixed & Returned Concrete Solution Association

石灰はあと100 年で枯渇する


日本国内の石灰生産量(百万トン)

データ:資源統計年表より                          
石灰生産量の表
データ:石灰石工業協会ホームページ及び資源エネルギー庁工業課資料より

日本の石灰石埋蔵量は約5,000百万トンと言われており、このままのペースで進むと後30年で枯渇し、輸入に頼らざるを得ない。セメント生産における新素材の開発や、残コン・戻りコンの再利用は日本国として必達の要件であると言える。

年々良質な砂が不足しつつある


世界中で建設用・産業用の砂が枯渇し始めているが、正確なデータや報告書は無い。この記事が端的に現状を表していると思われる
 
記事のリンク1