Ready-mixed & Returned Concrete Solution Association

 日本国内では年間2.5~4.1百万㎥の残コン・戻りコンが発生している 


産業廃棄物の業種別排出量 (1,000㎥)

    H27 H28 H29 H30 R1
    2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
日本国内年間生コン出荷量   87,061 83,912 83,701 85,481 81,959
推定残コン・戻りコン発生量  3% 2,612 2,517 2,511 2,564 2,459
5% 4,353 4,196 4,185 4,274 4,098

データ:ZENNAMAホームページより
東京ドームは1,240,000m3

 
残コン・生コンは総出荷量の3~5%派生していると推測され、その数量は実に毎年、東京ドーム2~4個分にのぼる。地球を削って生産したにもかかわらず、莫大な量の生コンが一部の再利用を除き、破棄されているのである

 残コン・戻りコン処理の規格化、標準化が確立されていない


残コン・戻りコンが発生している場所

 
<アジテーター車から荷下ろし前>
品質不良                             ?㎥
発注ミス                             ?㎥
 
<アジテーター車から荷下ろし後、圧送車利用の場合>
先行モルタル                  0.5㎥
圧送ポンプホッパー内    0.3㎥
圧送ポンプ配管内              


合計                          0.8+α㎥
 
圧送ポンプ車を利用した打設の場合、必ず0.8㎥以上の残コンが発生している。
製品や施工の規格や標準を定めているJISやJASS等々に、残コン・戻りコンの定義やその規定、処理方法、積算の定めが無い。