Ready-mixed
&
Returned
Concrete
Solution
Association

分科会

3分科会

 


 

RRCSは”3R+2”を提唱し、それぞれの分野に関わる分科会を立ち上げ活動して参ります。
RELOCATE

  目 的  
戻りコンを用いたブロック等々の製造の規格・標準化
 ゴール 
JIS制定もしくはRRCS独自規格制定

 

RECYCLE

  目 的  
戻りコンと残コンの粒状化方法及びその成果物の規格・標準化
 ゴール 
JIS制定 リサイクルリサイクルリサイ

 

ON SITE

  目 的  
建設現場における残コンの抑制方法及び発生した場合の処理方法の標準化
 ゴール 
標準示方書及びJASS 5に記載

 

残コン・戻りコンの発生場所

 


残痕・戻りコン
 品質不良

スランプ・空気量・塩分濃度・温度

コンクリートの品質不良
 

残痕・戻りコン
 必然発生

先行モルタル・圧送配管内・圧送ポンプホッパー内

残コンの必然発生
 
 

残痕・戻りコン
 過剰発注

発注量と需要のミスマッチ

コンクリートの発注
 
残痕をなくすための3R+2

RRCSが提唱する3R+2

RRCSは”3R+2”を提唱し、それぞれに分科会を立ち上げ活動して参ります
コンクリートのリデュース

 発注システムの改善

BIM/CIM及びセンシング技術で必要量を正確に把握し、JITデリバリーネットワークを構築する

残コンのJITデリバリーネットワーク
 
リユース

場内再利用

荷下ろし後の余剰生コンを何らかの工程を経て現場埋戻とする

 
残コンの再利用
リサイクル

リサイクル資材として再投入

再生骨材と路盤材への循環を活性化する
 

残コンの再投入
 
リロケート

別の現場へ・別の用途へ

近隣現場やブロック・U字溝等々の生産現場へ向け地変更する

残コンの近隣現場での再利用
 
リカバー

品質不良品の蘇生

品質不良品を現場で混和材(剤)等を加えることで品質良品にする

  
コンクリートの不良解消